VRヘッドセット「HTC Vive」を楽しむための最新おすすめコンテンツ(ソフト)8選!


先月のYOKALAB BARでの体験会が大変好評だった、VRヘッドセット「HTC Vive」ですが、VRゲームのプラットフォームであるSteamVRでは、新しいソフトが続々とリリースされています。
無料から有料のものまで、ヨカラボ天神スタッフが遊んでみて面白かったコンテンツ(ソフト)をピックアップしてみました!

無料で遊べる!おすすめ3作品をご紹介

まずはVRの良さを無料で体感できるソフトをご紹介!
無料ソフトは数が限られていますが、とりあえずバーチャル体験をしたい!という場合にはもってこいです。

魔法使い体験ができる「Waltz of the Wizard」

SteamVRでダウンロード【無料】
6月1日にリリースされた作品です。
「魔法使いのワルツ(和訳)」というタイトルの通り、魔法がモチーフになっています。

鍋に周辺にある薬品や薬草など色んな物を放り込んでいくと、魔法を使えるようになる力を手に入れることができます。

魔法の種類は全部で8つ。まだ3種類しか使えるようになっていませんが、巨大化、空中ドローイング(描いたものが物質化する)や、あらゆる物を自由自在に浮かせる力など、憧れの魔法を使えるようになります。こんな重そうな物もふわり!

ファンタジーな世界観も可愛らしく、映像もとても綺麗でおすすめです!

10種類以上のミニゲームを体験!「The Lab」

SteamVRでダウンロード【無料】
10種類以上の様々なステージを楽しむことができる「The Lab」。
スタートすると、まずは雄大な山頂にワープします。
この山は「
Vesper Peak」というワシントン州に実在する山だそう。
遠くに見える山並みや空気感のある空など映像もかなりリアルで、断崖絶壁に立つと思わず足がすくんでしまいます。


絶景に見とれていると、なにやら変な生き物が足元に。
この人懐っこい仕草は…犬!近くに落ちている枝を投げると、一生懸命拾ってきてくれます。かわいい…。

その他にも、砦を攻めてくる敵と弓矢で戦ったり、近未来的な空間でのシューティングをしたりなど様々なステージが用意されており、Viveのポテンシャルを十分に楽しむことが出来ます!

細胞の中をジェットコースターのように駆け巡る「InMind VR」

SteamVRでダウンロード【無料】
Occulusではデモプレイの定番だったジェットコースターですが、HTC Vive専用ゲームでは意外と見かけません。
そんなHTC VIveコンテンツの中ではめずらしいコースターモノにあたるこの作品。
細胞をイメージした空間を疾走感溢れるスピードで駆け巡っていきます。

ただ走るだけではなく「〇〇色の箇所を見て」という指令に従いクリアしていくというゲーム性もあります。
映像も綺麗でとても楽しめるのですが、レビューを見てみるとなにやら賛否両論が分かれています。
どうやら疾走する中であちこち見なければいけないというゲームスタイルが原因のようで、VR酔いをしやすいみたいです。酔いやすい方はちょっと注意です。

クオリティを求めるなら!おすすめ有料コンテンツ4作品

無料ソフトでももちろん楽しめますが、HTC Viveをもっと楽しみたいなら有料コンテンツは必須。
今回は実際に購入してみて満足度の高かったものをご紹介します。

綺麗な熱帯魚や暗い海底探検、クジラとの遭遇が楽しめる「theBlu」

【theBlu】¥980
SteamVRでダウンロード
海をテーマにした作品です。「Reef Migration」「Whale Encounter」「Luminous Abyss」の3つのテーマを楽しむことが出来ます。

「Reef Migration」では、綺麗な海の中で色とりどりの魚を鑑賞できます。
近づいてくる魚などにコントローラーを近づけると避けて泳いでいくのがリアルです。

「Whale Encounter」は、タイトルの通りクジラとの遭遇のがテーマになっています。
ゆらーっと現れ、超至近距離まで近づいてくるクジラは大迫力!
映像だと分かっていながらも、あまりの臨場感に思わずたじろいてしまいます。
体験してみた全てのコンテンツの中で、​
個人的にはこの「Whale Encounter」がお気に入りです。

「Luminous Abyss」では、コントローラー(懐中電灯)で暗闇を照らしながら、海底を探検できます。
最初はかなり暗いですが、だんだんと光り輝く生き物たちが集まり、最後には幻想的な光景が…!

ファンお待ちかね、憧れのジェダイ体験ができる「Lightblade VR」

【Lightblade VR】 ¥398
SteamVRでダウンロード

こちらも6月1日にリリースされたばかりの作品です。
「Lightblade」という名前から察するとおり、スターウォーズに出てくるかの有名な武器、ライトセーバーに似た剣を使い、ドロイドが放つビームを打ち返していくゲームです。

クリアすると難易度が上がっていき、ドロイドも容赦がなくなってきます。

ちなみにスター・ウォーズの作中同様、頑丈な鉄の床に穴をあけたりできます。

ドロイドが撃ってくるレーザーをひたすら跳ね返すだけなので正直ゲーム性としては目立つものはないですが、ジェダイ修行的な事が体験できるということで、スターウォーズ好きにはおすすめしたい作品です。

本当に弓を使っているかのよう「Holopoint」

【Holopoint】 ¥1,480
SteamVRでダウンロード
こちらはシューティングゲームですが、弓を使ったシューティングです。

手に持っている2つのコントローラーを、それぞれ「弓」と「矢」として使うことが出来ます。
弓を構えると、矢を持っている方のコントローラーが振動し、本当に弓を構えているかのような感覚に。
また、矢筒を背をっていると仮定しているようで、背中に手をまわすと矢が補充されるというのもリアリティがあり面白いです。

空中に絵を描く感覚がやみつき!3Dドローイング「TiltBrush」

【TiltBrush】 ¥2,980
SteamVRでダウンロード
Googleが開発した3D空間でのドローイングに特化したコンテンツです。
片方のコントローラーがパレットに、もう片方のコントローラーが筆になり、自由自在なお絵かきを楽しむことができます。
ハートを散らしてみたり雷を落としてみたり…筆の種類やエフェクトも豊富で、想像力しだいで今までに見たことがない光景を描くことができます。

3D空間に絵を描くだけという一見単調な内容ですが、今まで体験したことのない感覚に時間を忘れて没頭してしまいます。やや販売価格が高いですが、ダウンロードして損はないはず。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
まだ発売されたばかりのHTC Viveですが、これからも様々なゲームが公開されていく予定です。
ヨカラボ天神ではVR機器の体験会の開催などイベントを企画していく予定ですので、ぜひお楽しみに!  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人は

mode_edit くろき
3DプリンターやFab機器関係を担当していますくろきと申します。 根っからのものづくり大好き人間です。趣味は料理、菓子作りなどなどです! 3Dプリンターでフィギュアの原型を作る(そしてあわよくば売る)という野望を抱きつつ、プリンター達の世話をする日々を過ごしております。(*´Д`)ノ□フキフキ

arrow_upward

Webで事前会員登録はこちらchevron_right