3Dプリンターで初代ポケモン図鑑風のiPhoneケース作ってみた


巷でフィーバー中のポケモンGo。みなさんプレーされてますか?
私はちょうど初代ポケモン全盛期に小学生だった世代なので、懐かしいー!と思いつつ楽しくプレーしています。

スマホ片手に歩きながらふと思ったこと。
こ、これは…ポケモン図鑑型のスマホケースがあったら楽しい。

ネット調べてみると、早くもモデリングして3Dプリンターで作っている方が海外にいるようでした。
すごー!
https://www.sparkfun.com/news/2140
Smartphone charging in the Pokedex
しかしもっと欲を言うと、さらに原作寄りのデザインのケースが欲しい…!
ということで、2番煎じにはなりますが、モデリングから3Dプリントしてポケモン図鑑風スマホケースを作ってみました。

モデリングに使用したソフトは「Blender」です。
https://www.blender.org/

iPhone6のケースはThingiverseに公開されているものを利用しました。
http://www.thingiverse.com/thing:492623

プリントしただけで完成できるよう、データの時点で色ごとにパーツ分けをしています。

小さいパーツはAFINIA H480でプリントして、大型パーツをプリントしている間に磨いてピカピカにしておきました。
アセトンで溶かす方法もありましたが、今回はやすりがけをして、アルテコさんのモデリングコート剤で表面処理しました。
アルテコ モデリングコート スターターキット
  by カエレバ
そして本体パーツがプリント終了。(造形時間は積層ピッチ0.2mmで5時間半ほど)
お、思ったよりでかい!

さらにフタとスマホケースをプリント!(造形時間6時間半ほど)

なぜこんな無理やりな体制でのプリントなのかというと…
スマホケースは寝かせてプリントしちゃうと積層方向の関係上、スマホを出し入れする時に壊れやすくなってしまうので、強度が出るよう無理やり立ててプリントしました。
また、フタは寝かせてプリントしちゃうと、ちょうど正面部分がラフトに接して造形が汚くなってしまうので、これも無理やり立てた状態でプリント…したけど結局サポート材が付いてしまった罠!意味ない^o^

しょうがないのでやすりで磨きました…。トホホ…。
あとは用意しておいたパーツと組み合わせて…

デーーン!!!完成!!!

スマホをセットして…

ジャーーン!!!

我ながら良い出来です…。これがあればポケモンマスターになれる気がする…。
さっそく大濠公園にポケモンゲットしに行ってきます!!
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人は

mode_edit くろき
3DプリンターやFab機器関係を担当していますくろきと申します。 根っからのものづくり大好き人間です。趣味は料理、菓子作りなどなどです! 3Dプリンターでフィギュアの原型を作る(そしてあわよくば売る)という野望を抱きつつ、プリンター達の世話をする日々を過ごしております。(*´Д`)ノ□フキフキ

arrow_upward

Webで事前会員登録はこちらchevron_right