スタッフしもむーが遊んで楽しかったボードゲームを3つご紹介します!


こんにちは!スタッフのしもむーです!

突然ですが、
皆さんは  ボードゲーム  で遊んだことはありますか?





子供の頃によく遊んでいた 「人生ゲーム」 なんかは
日本でも長く愛されているボードゲームのひとつですよね。

特に今、アナログゲームをする人が増えているようで、
街中でボードゲームカフェを見かけるようになりました (*^^*)

因みに、ヨカラボ天神でもボードゲームのイベントを開催しましたよ!

過去記事
 ↓↓↓
2017年2月の「YOKALAB BAR」イベントレポート!
ボードゲームが盛り上がりました!



私自身はイベントに参加出来なかったのですが、
全員で説明書を読むところから初めていてとても楽しそうでした!

ボードゲームの説明書もそれぞれの色があるので、
じっくり読むと面白いですよ~ (゚∀゚)


現在街中では様々なボードゲームが販売されていますが、
今回は個人的に遊んで楽しかったものを紹介していこうと思います!



 

意外にも女子ウケが良い!

枯山水 (かれさんすい)




プレイ人数:2~4名
プレイ時間:60~90分


プレイヤーは禅僧になり、徳を積み、
そうして美しい庭園を作り上げていく
情緒あふれる侘び寂びゲームです。


表紙は夢窓疎石さん。渋かっこいいです!!




石はひとつひとつ手塗りとのこと。愛がすごい。

眺めたり、握ったり、玄関に置いたりするだけでも楽しめそうです!


プレイ中の様子


右下が私が作り上げた枯山水です♪

こんなに美しい庭園が仕上がるのは珍しいので、
「美しいねー」「良い庭だね」と皆様に褒めて頂きました (*´∀`)ヤッター


枯山水は、写真のように自分の庭園ボードに柄の描かれたカードを配置しながら徳(ポイント)を積んでいきます。その徳ポイントを使い、石を置いて庭を完成させていくのですが、枯山水ならではの“徳積み”ルールも面白い要素のひとつ。

徳は、毎ターン1つずつ積むことが可能で、最大で6徳まで貯まります。
が、禅僧(プレイヤー)が悪いこと(相手のカードを強奪)をすると自分の徳が失われ、良いこと(引いたカードを譲ってあげる)と更に徳を積むことが可能となります。

また、引いたカードが気に入らない場合、廃棄が出来るのですが、それも徳を積んでいないと実行できません。なにをするにもまずは徳を積まないと動けないので、徳の積み方やタイミングを考えながら良い庭園を作るための作戦を練っていくのが枯山水の楽しさです (*^^*) 

見難い争いや心理戦が少なく、穏やかな気持ちでプレイできるところが
女子にも人気な理由ですね ♪

ちなみに、ポイント獲得だけを狙って遊ぶことも可能ですが、
そういう遊び方をすると「禅僧の風上に置けない」と他禅僧より
バッシングを食らうので気をつけてくださいね!(経験者)


 

コンパクトに遊べる!

海底探検



プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約30分

プレイヤーは探検家になり、海底に眠るお宝を探し出し、
出来るだけ多く船へ持ち帰るゲームです。



一列に並んでいるのは「遺跡チップ」。このチップがお宝です。
探検家はサイコロでコマを進め、自分の足元にある遺跡チップ(お宝)を
集めていきます。遺跡チップには裏に点数が書かれてありますが、この点数
を見ることが出来るのは、無事に船に戻れたときだけ。

また、遺跡チップは取る毎に取った枚数分の酸素が失われていくので、
(上の潜水艦ボードに置いてあるが空気残量を表します)
取りすぎると、酸素不足で船に戻れないという悲しい事態に。
お宝を取っても酸素切れで船に戻れなかった場合は探索失敗となり、
持っている宝は全て海底に沈めなければならなりません。

因みに、すべての探検家がひとつの空気タンクで繋がっているので、
ひとりが無茶をすれば他も道連れになります。

一攫千金を狙うか、少しずつでも確実に持ち帰るか、
他の探検家の様子を伺いながらの小さな駆け引きに、ハラハラドキドキ。

シンプルなルールで大人も子供も皆で楽しめます (^o^)

サイズもかなりコンパクトなので、
バッグに忍ばせておけば、いつでも海底を探検できますよ♪




 

皆で幸せになろう!

BOHNANZA(ボーナンザ)




プレイ人数:3~5人
プレイ時間:約45分


プレイヤーは豆農家になり、
自分の畑に8種類の豆を植え、育て、売ってお金を稼ぐ
ドイツ出身のほのぼのカードゲーム。


8種類の豆はそれぞれキャラクターになっていて、
表情豊かな愛らしいイラストで描かれています。



このゲームは今まで紹介した中でもかなりほのぼのとしたゲームです。

まず、人を貶めたり、強奪したり、嘘をついたりすることがありません(笑
植えない豆を人に譲ったり、物々交換をすることで自分の畑だけを大切に育てていきます。

遊び方もとても簡単。同じ豆を畑に植えていき、豆が貯まったら
カード下に書かれてある条件に従って換金。
最後に多くのお金を持っている豆農家が勝ちとなるのですが、
それまでの争いがないので負けても楽しい空気のまま終わることが出来ます。

争いが苦手な方にはかなりオススメしたいゲームです!






さて、いかがでしたでしょうか?

遊んでみたいボードゲームはありましたか?


「やってみたいけど、買うまでは・・・」
「遊んでみたいけどルールがいまいち・・・」

という方には!

ボードゲームカフェがオススメです☆

JELLY JELLY CAFE  福岡天神店
(いつもお世話になっております)

ここでは様々なボードゲームを好きなだけ遊べますし、
ルールが分からなければ、お店の方が丁寧に教えてくださいます(*^^*)

お時間ある時に是非行ってみて下さいね♪



以上、しもむーオススメのボードゲーム紹介でした!

他にもまだまだ紹介したいボードゲームがあるので、
気になる方はいつでもお声がけくださいね~ ☆

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

arrow_upward

Webで事前会員登録はこちらchevron_right