こんなに暑い日は室内で創作(ガンプラ)を!


やっと梅雨が明けたと思ったら、いきなり真夏のように暑い日が続いております。

受付スタッフ池田です。

外にいると何もしなくても涙のように汗が溢れてきます。
これだけ暑いとせっかくの休日でも、外に出るのが億劫になりがちです。車を持っていない僕は外出が主に自転車になるので、ちょっと最寄りのコンビニに行くだけでも、深い霧の中を彷徨ったあとのようにジトーッとシャツが肌に張り付いてやみません。

必然的に室内で本や漫画を読んで過ごすことが多くなるのですが・・・たまには何か別のことをしたいっ!!!

・・・

そうだ!ガンプラ(ガンダムのプラモデル)を作ろう!

子供の頃はよく作っていたガンプラですが、大人になった今ならすごい完成度で組み立てることが出来るのではないか!

っというわけで、さっそく道具を揃えるところからはじめました。(結構なんでもカタチから入るタイプです)

ボークス福岡ショールーム(ダイエーショッパーズ福岡店6F)にて



スミ入れペン・シルバーのマーカー・ニッパー・つや消しスプレーを購入。
ガンプラも買うつもりだったのですが、どうしても欲しかったガンダムがここには居なかったので断念。

猛暑の中散々探し周り、ついに見つけました。
文教堂JOY B’s Hobby(天神ロフト7F)にて



HG 1/144 ガンダムバルバトス ルプスレクス

カ、カッコよすぎる・・・

最近まで放送されていた1番新しいガンダムシリーズ“鉄血のオルフェンズ”にて無類の強さを誇った主人公、三日月・オーガスが搭乗する機体です。

ルプスレクス・・・訳すると狼の王。

まさに、僕が作るに相応しい機体と言えます。←






こんなに複雑でしたっけ?

とにかく、説明書どおりに組み立てながら、パーツごとに“スミ入れ”をしていきます。
スミ入れは表面の凹んでいるところに黒色を流し込み、模様をハッキリさせる作業です。これをしないと立体感がでません。これは1番繊細かつ大事な作業といえます。(はじめてしますが)



いい感じです。初めてのスミ入れとは思えません。

ある程度できたら、一つに組み上げてしまう前につや消しのスプレーをします。



このスプレーもまた重要です。
つやつやしたおもちゃのようなプラスチック感を消してくれます。
※均等にむらなくスプレーするには熟練の業が必要になります。

そうして組み上げたものに、最後は汚しを入れていきます。

今回僕は鉄の感じを出すためにエッジ部分を中心にシルバーの塗装をしました。
ここが1番センスの問われるところではないでしょうか。





この躍動感!!!!!!
思っていたより上手にできました。(満足)


~まとめ~
・ボークス福岡ショールームの店員さんは親切に色々教えてくれます。道具関係が充実していて、ショーケースに飾ってある出来上がり模型のクオリティーも高いです。
・“鉄血のオルフェンズ”のプラモデルを買うなら文教堂JOY B’s Hobbyが種類が豊富です。他のガンダムシリーズもたくさん置いてあります。
・ガンプラは最高です。


次の休みの日には

HG 1/144 ガンダムヴィダール


を作りたいと思います。(もう新しいのを買ってしまいました)


   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

arrow_upward

Webで事前会員登録はこちらchevron_right